1/4
01.はじめに

ソトコトは、1999年の創刊以来、「スローライフ」「スローフード」「ロハス」「ソーシャル」「ローカル」 「地方創生」「SDGs」など、社会をリードするさまざまなキーワードを発信してきました。「観光以上、移住未満」の第三の人口である「関係人口」の重要性をいち早く提唱したのもソトコトです。近年では雑誌の枠を超え、その地域ならではの魅力を発掘・プロモーションをお手伝いし、関係人口拡大や移住促進の一翼を担ったり、 地域のステークホルダーとのパートナー構築など、「地方創生」に関わる取組にも力を入れています。また、現在、省庁・各自治体・各企業が力を入れている「SDGs」にも早い段階から着目し、実施・浸透を推進しています。2021年春には、未来を創造するベンチャー企業の外注広報室として、WebNewsメディア「ソトコト NEWS」が始まりました。このような活動を続けてきたソトコトがこの度、日本各地で行われている特色のある事業や人・プロジェクトを取り上げ、その取組みをさらに活性化させることを目的に未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」を創設いたします。

雑誌
クラウドファンディング
プロモーション
オンライン
02.「ソトコト」のオムニチャネル展開について
オムニチャンネル.jpg
03.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」実行委員会

主催

実行委員会メンバー

指出一正

雑誌ソトコト編集長 / 株式会社ソトコト・プラネット 代表取締役

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長 を経て現職。10数年にわたり全国各地の現場を訪れ、各地の取組を取材した知見をもとに、ローカルエリアの魅 力や可能性を発掘、ローカルに興味を持つ全国の方々から圧倒的な支持を集めています。近年では国の有識者会議 の委員を多く担うなど、多方面での繋がりを活かしながら活動を広げています。

浅井あさこ

ソトコトNEWSプロデューサー

PRサービス会社から、プロシェアリングを行う人材コンサルティング会社にて広報部門を立ち上げ、 多くのメディアに露出。2017年に独立。社会課題解決に特化した事業を中心としたPR戦略立案、実行支援、人材育成を手掛ける。また地方企業や、観光のPR支援と幅広く活動。 

齋藤康平

みらいリレーションズ代表取締役兼ソトコトNEWS共同プロデューサー

大手・中小・ベンチャー・アカデミアの相互連携による新規事業開発と、メディアを活用したPR支援事業を行っ ている。システムインテグレーター、経営コンサンティング会社にて企業再生、新規事業開発を経験。 その後みらい創造機構に参画、取締役に就任。2020年に(株)みらいリレーションズをスピンアウトにより設立。

飯野 司

みらいリレーションズ取締役兼ソトコトNEWS共同プロデューサー

ヘルスケア事業に従事後、美容関連企業の創業とFC展開を経験。その後、リヴァンプにて大手5社のハンズオン経 営支援を手掛ける。数々のベンチャー企業の支援を行い、新規事業開発の現場に精通した起業の専門家。ステイク ホルダーとのコミュニケーション戦略を軸に、上場企業・上場前企業を含む30社の顧問を歴任。現在、IR/PRのプ ロとして、日本の未来を作る有望なベンチャー企業のビジョン・思いにフォーカスし、経営視点に立ったPR主導 型マーケティングを展開している。

04.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」企画概要

目的:未来をつくるためにSDGsな事例や取り組みを取材を通じて ピックアップし、

   より良い社会や未来に向けて広報して、 ウェルビーングな世の中をつくるため

   アワードです。
 

表彰式日程:2021年12月17日(金)予定

開催方式:ウェビナーによるオンライン配信イベント
 

展開内容:アワード授賞式 受賞企業等の取り組み紹介
     受賞企業等による受賞コメント
         実行委員会の総評
   

運営:未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」実行委員会

05.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」
ビジョンと思い

『SDGs/ESG活動が何に貢献し変わったか?数値と取材で世の中に分かりやすく伝えたい』 
『SDGs/ESG活動がどんなストーリーで変化を生み出しているのか?』
『SDGs/ESG活動のビフォアアフターで実際にどんなインパクトを与えているのか?』

SDGsやESGという用語をメディアで頻繁に見かけるようになりました。地球温暖化による災害やコロナウイルスによるパンデミックなど社会課題は、経済活動を行う上での大きなリスクであり、成長を阻害する要因であるという認識が定着してきています。従来から社会課題の解決に向け、投資家や金融機関、更には企業にも課題解決に向けた実質的な貢献が期待されるようになりました。また、昨今ですが、経済的自立と早期リタイアを人生の目標に据える夫婦や若い人たちが長期的な株式投資としてESG投資が注目されております。今までどおりに企業財務の専門的なワードで説明しても難しく、消費者に分かりやすく説明することが期待されてきます。企業が創出した社会価値(SDGs/ESG)の取組みを取材を通じて『ソトコトSDGsアワード』が、真の活動をエモーショナルに世の中にお伝えします!

06.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」
プロジェクトの全体構造

SDGsみらいを創る企業を「ソトコトSDGsアワード」が、社会の評価とESG投資につながるようエモーショナルに活動を盛り上げます!単なる点のイベントではなく、ビジョナリーを持った企業活動を年間を通じて広報いたします!

 <目的> 
SDGs/ESG活動が何に貢献し変わったか?
数値と取材で世の中に分かりやすく伝えたい!!

ポイント1

外注広報室

❏企業のリリースやSDGs活動を取材し 外注広報としてストーリーを見える化
❏BtoCtoB戦略でのステイクホルダーとのコミュニケーションを強化

ポイント2

SDGs/ESG活動レポート

❏非財務評価の客観的指標 SDGs/ESG活動のストーリーコンテンツ

ポイント3

ソトコトSDGsアワード

❏ESG投資評価につながる一般投資家や 社会に活動をストーリー発信

審査・受賞

07.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」
プロジェクトの全体構造

ソトコトが保有するメディアが連携して「ソトコトSDGsアワード」を盛り上げ賛同企業や参加者にとっての価値を最大化させます!

 ソトコトのコンテンツと併催イベントの開催により、 
授賞式・カンファレンスの価値を最大化。

08.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」
取材→記事作成→掲載→拡散メニュー

SDGsな事例や取り組みを取材

取材を通じて未来をつくるための思いやビジョンを発信

企業の中のプロジェクトや事業や人を

ジャンルを問わずにピックアップして取材

ソトコトNEWSで

タイトル、文、 写真で記事構成

アワード受賞

受賞することで告知力・発信力を高めてSDGsな取り組みをBtoCはもちろんBtoBにも拡散

選考委員会による総評

受賞

SDGsな取り組みの共創

共創の強化・ソトコト広報室として実績発信の強化

IRやHRのより良い対話・企業価値向上

※年間の外注広報室、SDGs/ESGレポートは別途ご相談となります。

09.受賞後の掲載〜拡散のパッケージ化

アワード受賞から
記事化、掲載、拡散パッケージ

受賞企業を取材

基本は広報写真と取材で記事作成

BtoC向け配信&拡散

外部配信

SNS

ソトコト公式twitter

フォロワー数 →約2,600人
ソトコト公式Facebook

フォロワー数 →約43,000人

BtoB向け配信&拡散

PR TIMESから全国の

オンラインメディアに拡散

ソトコト関連の自治体・企業へメルマガ配信

社内向け広報
自社HP掲載可

IR・PRESS LEREASE用

素材提供

10.未来をつくる活動を広報する「ソトコトSDGsアワード」
スケジュール

Anniversary

12月17日(金)予定

 9月〜
サイトオープン

アワード受賞後
特設サイトにて受賞発表

9月〜
 実行委員選出

10月下旬~11月初旬
受賞企業の取材

 12月17日
ソトコトSDGsアワード表彰式

 9月〜
募集開始

 10月下旬
募集締め切り〜審査

11月上旬

受賞者決定

アワード受賞後
ソトコトnews、ソトコトオンラインにて
記事公開

最新ニュース

未来をつくる活動を広報する

「ソトコトSDGsアワード」に

関するお問い合わせ先

送信ありがとうございました

当日、SDGsアワード発表会にご参加のメディアの方はこちらよりお申込みください。
当日用のZOOMのURLをお送りをさせて頂きます。

企画運営

株式会社ソトコト・プラネット
03-6273-7568
asaya@rr-pub.jp

 

株式会社みらいリレーションズ
03-4570-2314
contact@mirairelations.co.jp

株式会社フロンティアインターナショナル
03-5778-2158
shinya-yoshida@frontier-i.co.jp

©株式会社ソトコト・プラネット